【人気の家庭用脱毛器ケノンとは】使用者によるメリット4選 デメリット4選公開します!!

Content

ケノンとは

家庭用脱毛器ケノンとは

ケースケ
ケースケ

ケノンとは、家庭用脱毛器になります。

数年前は、エステ脱毛がメインの時代でした!

アヤ(元サロン勤務)
アヤ(元サロン勤務)


その中でも楽天などのオンラインでも人気があるのが、ケノン家庭用脱毛器です。

恋人や夫婦、親子で使えるといったシェアできるのが大きな強みです(^^♪

いつから男性も脱毛に興味関心を持ち始めたのか?

ケースケ
ケースケ

ケノン使用者の40%は男性ユーザー


InstagramやFacebookの発展で一般人も多くの情報発信が可能になっています。
情報発信する人は美容意識が高く「すね脱毛」「髭脱毛」などをしていて自然と閲覧している方も脱毛へのハードルも少しずつ下がり、男の美容や脱毛に興味関心が増したそうです

脱毛する男性はほんとに増えてきてるよね!

アヤ(元サロン勤務)
アヤ(元サロン勤務)

ケノンの特徴と概要

品名・形式KE-NON(ケノン)
熱量調整10段階
サイズW290mm×D215mm×H90mm
ハンドピース重量約120g
総重量約1.6kg
製造国日本
安全装置Touch Sensor
動作条件温度 5℃~35℃
動作条件湿度 0~80%RH
保管条件温度 -20℃~80℃
保管条件湿度 0~95%RH

・付属品
KE-NON本体
スーパープレミアムカートリッジ
ゴーグル(サングラス)
電源コード
クーリングパック×2
取扱説明書兼保証書


コンデンサが4つも搭載!!


ケノンは脱毛器の心臓ともいえる コンデンサが4つも搭載
家庭用脱毛器には、「据え置き型」と
「ハンディ型」があり、ケノンは据え置き型で
コンデンサを4つも搭載する箱型タイプ。
コンデンサを多く搭載することで、
出力アップに成功!! 

\ コンデンサ /

スーパープレミアムカートリッジ(付属)


最初からこれが付きます!!

照射回数最大300万発(Lv.1)(Lv10の場合は50万発)もの照射が可能です。寿命が長い分、全身に使用可能(^^♪
カートリッジ側で残数をカウントしているので、恋人、夫婦、親子で使用が可能になります(^^♪
※スーパープレミアムカートリッジは追加購入はできません

付属品


軽くて持ちやすいハンドピース(持ち手)

ケースケ
ケースケ

わずか約120gという軽さのハンドピース

「iphone13」は173g。最新のiphoneより軽いね!

アヤ(元サロン勤務)
アヤ(元サロン勤務)


10段階のパワーレベル調節機能

痛みが怖くてサロンへの一歩が踏み出せない方、皮膚が薄い箇所での照射はレベルを下げて照射出来ます。
男の髭など毛根が深い箇所ではレベルを上げて照射しましょう!

静電式タッチセンサー搭載


誤照射を防止する為、照射口の周りには肌に触れると反応するセンサーを搭載。
センサーが肌を検知しない限り、ショットボタンを押しても光は出ませんので空中での照射はされない設計になっています(^^♪

日本製 日本人向けに製造

日本人が聞くだけで安心する『日本製!!』笑 私もそうです!笑
品質基準の高い日本製!

日本人の肌に最適な光を照射。高品質なフィルターを採用されています
故障率の軽減や、修理対応時のタイムロスが減るのも大きなメリットですね(^^♪

最速0.4秒のチャージタイム(レベル1)


わずか0.4秒で次の照射が可能。照射時のストレスが大幅に軽減。

ただ、男性が使用する際は、レベル1で使用することはほぼなくレベル10使用するため、実際は4秒~5秒はかかります。

ケノンの使用方法


実際の使用法はこちらをご覧ください(^-^)

家庭用脱毛器のメリット4選 デメリット選

メリット、デメリットを実際に使用した私が包み隠さずぶっちゃけます(^^♪

メリット


 サロンに通わずに脱毛ができる

医療脱毛やサロンは駅前や商業ビルに入っています。

ぶっちゃわざわざざ通うのは結構面倒ですよね( ;∀;)
移動も含め、半日以上取られること簡単に予想できます。
美容院のサロン脱毛や医療脱毛は一回の施術で終わるわけでななく、何十回も通わなくてはなりません
忙しくて時間がない、契約しても続かない、コロナ感染が怖い。といった不安がある方にもケノンはおすすめです(^^♪


人に脱毛されるのがやだ 恥ずかしい

服で隠れている部分を人にさらすのはやはり恥ずかしいですよね笑 
ましてやVIO部分は特別恥ずかしいです^^;
今は男性のスタッフがいるところもあるのでサロン希望の方はそういったお店を探しましょう


恋人や夫婦、親子で使用できる

これはとても大きなメリットになります
ケノンを二人で一つ使用することにより、サロンに通うより経済的負担が軽減されます!実際に私たち夫婦と共同で使用しています。(^^♪

1人69、800円
2人34,900円
3人23,266円
4人17,450円

また脱毛を意識する年代は10代後半が一番多いとされています。

しかしサロン脱毛は未成年者への照射を禁止している場所や保護者の同意が必要になります

基本的にケノンも未成年への照射は禁止とされていますが、レベル下げて照射するなど自己責任ではありますが、脱毛を行うことが可能になります(*゚▽゚*)
公式HPにも親子で使用しているコメントなども寄せられていますよ(^^♪


好きな時間にできる

バイトや仕事、プライベートに忙しいみなさんにはおすすめです!
今はコロナで家での過ごし方を充実させたいと思っている人も多いと思います!
その一日の内の数十分脱毛を行うだけで、ツルスベに近づきます(^^)家時間も多いので可能だと思いますよ(*゚▽゚*)

デメリット


永久脱毛をしたい人

正直、永久脱毛はできません! 
永久脱毛をしたい人は家庭用脱毛器ではできません! 
永久脱毛したい方は医療脱毛へ通いましょう!!

ただ、腕や指など毛が薄い部位、体毛が全体的に薄い人であれば、永久脱毛に似た効果を得られた人もいますので、個人差はあります

夫は、すね、腕、指のどはほぼ生えてこなくなりました(^^♪

永久脱毛については、下記記事で詳しく解説していますので、参考にしてください


継続しないと意味がない

脱毛の強さは、  医療脱毛>サロン脱毛 家庭用脱毛器 となっています。
照射回数も同じ順番に多くなるため、ケノンは継続的な照射が必要になります。
ただ腕や指など薄い毛の部分は5回ほどの照射でしばらく生えてこない状況になりました(*゚▽゚*)
髭は濃い薄いの個人差が大きいため、効果も個人差がありますが、確実に髭剃りの時間短縮にはなります!


冬は寒い

脱毛のベストシーズンは秋〜冬です!
それは、夏に脱毛したいと思っていても遅いからからです!
脱毛には複数回の照射が必要で、薄着になり始めたころに始めても手遅れになるためです! 
冬に冷却→照射は結構冷えます!笑 

自己責任ですが、痛みに慣れ始めると冷却をしなくなります。笑 冬でも部屋を温めていれば、問題はありません(*゚▽゚*)


男性の髭脱毛は根気がいる

男性の髭は毛根が深く強い毛だからです
その分照射回数を多くする必要があり、数ヶ月といった根気のいる作業になります。

しかし、月3.4回の照射(一回15分くらい)のみなので、YouTube見ながらなら楽勝ですよ( ´∀`)

まとめ

ケノンの概要と使用する上でのメリット、デメリットを経験者が述べさせていただきました
家族や恋人とシェアでき、経済的負担も少ないのでケノンを買ってよかったと思っています!
参考になればうれしいです(^^♪
なにか質問があればコメント欄にお願いします!

Twitterもチェック
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Content
閉じる